一般内科

地域のかかりつけ医として、当院では血液検査やレントゲン検査などの、一般的な検査から消化器や循環器の専門的な検査も行っており、その他一般外科、整形外科にも対応しております。
また、地域医療と連携しながら高度の医療にも対応いたします。

対応している検査の一覧は、こちらをご覧ください。

消化器科

消化器科は、食道から大腸までの消化器官と、肝臓・すい臓・胆のうといった多くの臓器の病気を専門に扱う診療科です。内視鏡・超音波・エックス線などを用い総合的に診療いたします。
当院の上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)は細径の内視鏡を採用しており、のどの苦痛が少なく検査中に会話もできる鼻からの経鼻内視鏡検査や、鎮静をかけた(ねむった)状態で行う検査にて実施しております。

消化器科の主な症状・病気

胃痛
胃もたれ
胸やけ
便秘
お腹のはり
のどの閉塞感
下痢
腹部膨満
血便
便潜血陽性
過敏性腸炎
胃炎

循環器専門外来について

毎週火曜日に福岡大学循環器内科医師による
循環器(心臓・血管)専門外来を行っております。

担当 森田 英剛 医師(9月まで)
担当 重本 英二 医師(10月より)

診察曜日  診察時間
毎週火曜日 午後 14:00~17:00 予約制

 

心臓エコー検査、頸動脈エコー検査、ABI/CAVI検査(動脈硬化や血管の詰まり具合の検査)、24時間ホルター心電図などを用い総合的、専門的に加療を行います。

受診予約制となっております。まずは、お気軽にお尋ねください。

設備紹介

電子内視鏡

内視鏡は、身体のさまざまな部位の検査や治療に用いられ、病変の早期発見・早期治療に重要な役割を果しています。

超音波診断装置

画像診断装置の一つである超音波診断装置とは、その名前のとおり超音波を用いて身体の中を見る装置です。

レントゲン装置

胸部、腹部、頸椎、腰椎、手、足、肩関節、肘関節、手関節、股関節、膝関節、足関節など、すべてに対応します。

超音波踵骨測定装置

かかとの骨から超音波を用いて骨密度を測定します。血液の検査結果も併用し、骨粗しょう症の診断を行います。

ABI/CAVI装置

脳梗塞や心筋梗塞の原因となる動脈硬化の状態や、血管狭窄の状態を脈派を用いて測定します。

自動血球計、CRP測定

白血球、赤血球、ヘモグロビン、炎症反応、血糖値などを測定できます。