一般小児科

お子様の”かかりつけ医”として、お子様の病気のこと、子育てのことで悩むことがあれば遠慮なくご相談ください。

また、診察の結果、詳しい検査や専門的な治療が必要と判断した場合には、高度な治療ができる専門医療機関と連携していますのでご安心ください。

予防接種については、こちらをご覧ください。

小児科の主な症状・病気

せき
鼻水
ひきつけ
腹痛
はきけ・嘔吐
下痢
ぶつぶつ湿疹

小児科の主な病気

かぜ 気管支炎 肺炎
咽頭炎 扁桃炎
鼻炎 中耳炎 ちくのう症
喘息 アトピー性皮膚炎 じんま疹
腸炎 嘔吐下痢症 脱水症
湿疹 とびひ あせも

小児外科

「こどもはおとなのミニチュアではない」という有名な言葉がありますが、こどもに対する外科的な視点や、専門的な知識をもとに、成長や発達を通して多くのこども達の疾患を扱う分野です。

小児外科の主な疾患

便秘症
慢性下痢
停留精巣
そけいヘルニア
包茎
臍ヘルニア(でべそ)
消化器閉鎖症
鎖肛
胆道閉鎖症
胆道拡張症
小児腫瘍(小児がん)
その他

小児外科専門外来について

・月2回福岡市立こども病院小児外科医による小児外科専門外来を行っております。
・日常的によくみられる疾患から、専門性の高い疾患まで、小児外科全般に対応いたします。
担当 古賀 義法 医師

受診希望の方はお気軽にお尋ねください。
※小児外科専門外来は、不定期となっておりますので事前にご確認をお願い致します。